新旧iPhone(アイフォン) スクリーンショット(画面キャプチャ)の方法をやさしく解説

スマホ

iPhone(アイフォン)の画面をそのまま画像として保存出来る「スクリーンショット」(画面キャプチャ)は便利な機能です。

その方法をやさしく解説します。(2分で読めます)

iPhoneX以降の機種と、それ以前のホームボタンがある機種と分けて説明致します。

また、指一本で撮影出来る、「AssistiveTouch」でのやり方も説明致します。

iPhoneX以降の機種でスクリーンショットを撮る方法

iPhoneXからホームボタンが無くなりました。iPhoneX以降の機種はこの方法でスクリーンショットが撮影出来ます。

方法は簡単!音量の「+」(上の方)のボタンと「電源ボタン」を同時に押します。

(画像はiPhone11Pro)

スクリーンショットされた画像が、画面左下に表示され、暫くすると左に消えます。「写真」に自動的に保存されます。

これでスクリーンショットが出来ました。簡単でしょ!

ホームボタンがあるiPhone(アイフォン)でスクリーンショットを撮る方法

ホームボタンがあるiPhoneは、iPhone6以降では以下の9機種です。

  1. iPhone6
  2. iPhone6 Plus
  3. iPhone6s
  4. iPhone6s Plus
  5. iPhoneSE
  6. iPhone7
  7. iPhone7 Plus
  8. iPhone8
  9. iPhone8 Plus

こちらも方法は簡単!電源ボタンとホームボタンを同時に押します。

(画像はiPhone7)

iPhoneX以降では、片手で出来ますが、こちらは片手では無理です。両手を使わなければならない為、少しやりにくいです。

指1本でOK!「AssistiveTouch」でスクリーンショットを撮る方法

新旧iPhone共に、今までのやり方だと指一本でスクリーンショットは撮れません。

しかし、指一本で撮れる方法があります。

以下の動画にまとめましたので参考にしてください。少し手間ですが、設定できると楽です。

新旧iPhone共に同じやり方で出来ます。iosは13です。

まとめ

ネットで調べものをして、その画面残しておきたい時や、操作方法を友達に伝える時など、スクリーンショットは使い出すと便利な機能です。

以下の3パターンをご紹介致しました。

iPhoneX以降の新しい機種は音量の「+」(上の方)のボタンと「電源ボタン」を同時に押す

ホームボタンがあるiPhoneはホームボタンと電源ボタンを同時に押す

AssistiveTouchで仮想ボタンを設定すると指一本でOK

ご自分の使いやすいやり方でどんどんスクリーンショットを撮って有効活用してください。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました