【ジブリパーク】愛知県長久手市 2022年オープン予定|2021年3月現在の現地最新情報!

2022年に愛知県長久手市にオープン予定のスタジオジブリのテーマパーク「スタジオジブリ」。2021年3月現在の現地最新情報を写真を交えてお伝え致します。場所は2005年に開催された愛・地球博の跡地、「愛・地球博記念公園」になります。さあ、果たして工事はどこまで進んでいるのでしょうか。

スタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」

スタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」はジブリ作品の世界観を再現する5つのエリアから構成される予定です。「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」が2022年秋に開業し、そのおよそ1年後に「もののけの里エリア」と「魔女の谷エリア」が2023年に開業予定です。

そのレイアウト図は次の通りです。

基本デザインのエリア
出典:愛知県公式サイト

ジブリパークの概要はこちらの関連記事を参照ください。2020年10月時点の工事状況もお伝えしております。↓↓↓↓

それでは、愛・地球博記念公園北入口付近、「青春の丘エリア」付近、「ジブリの大倉庫エリア」付近、「どんどこ森エリア」付近の2021年3月6日現在の様子を写真を交えてお伝え致します。

愛・地球博記念公園北入口付近の工事状況

愛・地球博記念公園北入口付近の工事状況をお伝え致します。

2020年10月の時点では、この付近は全く工事が行われておりませんでした。現在は北入口付近の一部のエリアが通行止となっており工事が始まっております。

駐車場の一部も工事の範囲となっております。奥に見えるのはリニアモーターカーの「リニモ」です。

「青春の丘エリア」付近の工事状況

「青春の丘エリア」付近の工事状況をお伝え致します。
「青春の丘エリア」は、ジブリパークの来場者を迎えて、ジブリの世界へと導いてくれるエリアとなります。

映画『耳をすませば』の「地球屋」や、映画『猫の恩返し』に登場する「猫の事務所」を再現した施設が整備される予定です。

次の写真は「青春の丘エリア」の工事車両が出入りする場所になります。2020年10月から雰囲気はほとんど変わってません。

工事の概要を示す看板もそのままです。ここの工事は、あと1年位で終わる予定の様です。

少し高い位置にある通路からの写真です。大型クレーンで作業する様子が見られました。

公園広場から見た写真です。

さらに近づいて撮影した写真です。2020年10月と比べると、かなり工事が進んでおります。

あと1年で工事を終了させなければいけないので、今後も作業はどんどん進んでいくでしょう。

「ジブリの大倉庫エリア」付近の工事状況

「ジブリの大倉庫エリア」付近の工事状況をお伝え致します。
かつて温水プールだった空間を、通年天候に左右されずに楽しめる施設「ジブリの大倉庫エリア」としてリニューアル中です。

「ジブリの大倉庫エリア」は、ジブリ作品の保管・保存を行う展示室、売店・喫茶、遊び場、多くの展示物を収蔵する倉庫などで構成される予定です。

このエリアは、現在、主に建物内の工事が進められている為、外からその様子はほとんど分かりません。

少し近づいて撮影した写真です。やぐらが組まれ確実に工事が進行してました。

工事の概要を示す場所に次の写真の様なちょっとした飾り付けがされてました。2020年10月の時にはありませんでした。何を表しているのかはよく分かりません・・・。
となりのアイススケート場は営業しております。

「どんどこ森エリア」付近の工事状況

スタジオジブリ公式ページフリー画像から引用

「どんどこ森エリア」付近の工事状況をお伝え致します。
「どんどこ森エリア」は愛・地球博で公開された既存施設「サツキとメイの家」を中心に映画の世界観がより身近に感じられる場所を目指して工事が進められております。

2020年10月訪問時は、「サツキとメイの家」が見られるエレベーター棟に入れたので状況がしっかり確認出来ましたが、今回はそのエレベーター棟に入ることはできませんでした。

よって、木の隙間からの写真となっており、見にくくなっております点、ご容赦ください。

「サツキとメイの家」の左横になにか建物が作られている様です。

まとめ

2022年に愛知県長久手市にオープン予定のスタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」の2021年3月現在の現地最新情報を写真を交えてお伝え致しました。

2020年10月からはかなり工事は進んでおりました。開園が2022年秋なので、あと約1年半後に完成した「ジブリパーク」が見れることになります。

またある程度時間が経ちましたら状況をお伝えしたいと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました